クレジットカードは「何」を保証するのか

クレジットカードは、ショッピング、
あるいはキャッシング等の際に利用できる便利な決済手段のツールであるとは皆さんご存じのことです。

しかし、これはある意味クレジットカードの本質ではありません。
これらの主機能は、本質があって初めて使える機能にすぎないのです。

クレジットカードは、その所有者の身元を証明するものというのが本質です。

クレジットカードが正常に機能するためには、
カードの所有者がそのカードを本来利用できる人、
つまり、「本人確認」という行為が重要になります。


クレジットカード決済といういわば「信頼」を保有するということは、
クレジットカード発行会社から身分証明をしてもらったのと同義と言えるわけです。

クレジットカード利用の際の本人認証には、大抵の場合自筆のサインによるものになります。
予めカードに記入されているサインと、ショッピングの際のサインが一致していなければ、
カードを利用することは出来ないことになっていますよね。

クレジットカードが発行された時、真っ先に裏面に直筆のサインをするようにとあると思いますが、
これは利用の際の本人認証のために必要なことなのです。

また、不幸にも紛失の際に直筆サインのないクレジットカードだと、
第三者に不正に利用されてしまうこともあると言います。

クレジットカードには現金のやり取りという少々煩わしい行為をなくすという特徴・利点があるわけですが、
これはあくまで二次的な利点・特徴にすぎないのです。

それよりも、クレジットカードを所持しているということは、
その人の素性・身分証明がきちんとされているということが本質であって、
だからこそ初めて訪れた店であっても、海外の店であっても、
つつがなく利用することができるというものなのです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ