クレジット信用情報に傷が付くと言うこと

あなたはクレジットカードやキャッシングの返済が
滞ったことがありますか?

ちょっと数日くらいなら大きな問題にはなりませんが、
3ヶ月返済遅れるとか、ばっくれてしまうとか、そんな経験は大丈夫ですか?

もしあなたにそんな経験があるのなら、
あなたの個人信用情報は傷が付いている可能性があります。


個人信用情報とは、個人個人の信用取引における履歴情報です。
もう少し詳しく言いますと、信用情報というのは、「借金」における信用情報です。

クレジットカードもキャッシングカードもあなたに信用があるから持つことを許されるのですね。
返してくれるという信用がないと、そんなものは持たせてくれません。

大きな延滞をすると、其の信用情報に傷が付きます。
こういうのを異動情報とか事故情報とか言います。
別の言い方をすれば、ブラックリストに載ったとも言いますね。

信用情報に傷がつくとどうなるか?
知っている人は多いかもしれませんが、
一定期間、新しい借金はできなくなります。
つまり、キャッシングやローンは組めなくなるということ。

ここ2~3年の話ですが、携帯端末の値段が上がって、
利用料金を合わせて分割で変えるようになりましたよね?

あの料金の返済が滞っている人が急増しているようです。
知ってか知らずかわかりませんが、あの延滞は事故情報対象になります。
気をつけなければなりません。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ