任意整理は弁護士に相談から始めよう

誰しも豊かな生活を享受したいものです。

クレジットカードやキャッシュカードの類も、
そのためのアイテムです。

しかし、そういった生活を豊かにするアイテムは、
自律心がなければその生活を脅かし得るという、
社会問題の側面も有しています。

また、そういった自律心があったとしても、
リストラにあったり、体を壊してしまったり、財産を悪徳商法によって失ってしまったり、
生活を脅かす事由があります。

そうなってしまうと、いや、そうはならないこともありますが、
クレジットカードは一転、生活を脅かすアイテムになり得ます。

つまり、返済困難ないし不能なってしまい、債務整理に借金返済を頼らざるを得なくなる場合もあるということでです。

債務整理について

債務整理には、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産があり、昨今は、特定調停が人気がなく、
これを除いた債務整理が一般的となっています。

このうち、最も多くの人が利用しているといわれているのが任意整理です。

任意整理について

任意整理は、唯一裁判所を利用しない債務整理であり、貸し側である債権者と、多重債務者である債務者側で交渉するスタイルです。

ここでは、あまり詳しく書きませんが、弁護士、認定司法書士が代理人となって話を進めます。債務者は完全に守られ、代理人が表に立っていきます。

債務者は、口コミなりインターネットなり、何らかの方法で法律事務所を探して相談から始めることになります。後は、自分の状況を話してどうするか決めていくのです。

必ずしも、任意整理になるかはわかりませんが、とにかく、より良い方向に進むように話し合いが進みます。

もしですが、皆さんが多重債務に陥ってしまって債務整理を検討しているのなら、まずは法律事務所を探して弁護士に任意整理の相談をしてみてください。

私の知人の話

先日、とある知人から聞いたのですが、その知人、何でも、5年前、親が大病を患い、治療のための借金をする羽目になったそうなんです。

その時は貯金やらキャッシングやらで何とか治療費を工面し、無事に親も退院したのですが、その時の借金が元になったり、その後のリハビリ代などで、生活が困窮してしまったそうなんです。

で、1年ほど何とかだましだましやっていたんですが、借金が増えてしまったこともあり、2年前に債務整理をしたそうなんですね。

そん時の借金がおよそ500万円ほど。
まあ、10年ぐらい前から200万円以上の借金はあったそうなんですが、親の入院がきっかけで堰を切ったように借金が増えて生活が困窮していったそうですよ。

で、樋口総合法律事務所-中央区京橋というところをインターネットで見つけて相談したそうです。「樋口総合法律事務所-任意整理で評判はココ!-中央区京橋

すると、任意整理で約500万円の借金を290万円まで減額してくれたそうです。親身になって相談に乗ってくれて、安心して任せられたと言っていました。

あと1年弱で完済するようですが、めどがついた今だから話せる、と言っていました。債務整理をしたという人は初めて見たのですが、当時はそんな影は微塵もなく、親が入院して大金が必要になった、という話はじいていたのですが・・・

あれから、そんなことがあったのですね、という話でした。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ