クレジットカードのフィッシング詐欺には気を付けよう

クレジットカードは便利なものと私自身も認識していますが、
実のところ、使用するのが怖いとも感じているんです。

それはもちろん、セキュリティの問題です。
クレジットカードの情報を不正に取得されて、それを悪用される、フィッシング詐欺ですね。

クレジットカードのフィッシング詐欺は、近年急激に増えてきて、
騒がれてきたのはここ数年の話なのですね。

最近各会社から、フィッシング詐欺の注意勧告メールって来ませんが?
私のところにもよく来ます。
それだけ各社、被害が多く、頭を悩ませているというとトなのです。

こういうのって、
結構巧妙に仕掛けられていて、「自分は大丈夫!」と豪語していても、
案外、コロッと引っかかってしまうものです。

そのフィッシング詐欺、まだ知らないよという方のためにちょっと解説しましょうか。

クレジットカードのフィッシング詐欺とは

クレジットカードのフィッシング詐欺とは、会社などを装って、
メールや偽サイト誘導などによってクレジットカード番号や暗証番号などを入力させ、
その情報を盗み取るというものです。

そして、その情報を利用してクレジットカードを不正利用して、
詐取してしまうという手口ですね。

先ほども言ったように、
結構精密かつ巧妙に作られていて、引っかかる人も少ないありません。

私のところにも、何度も変なメールが来たことがあります。
実際にそういったフィッシング詐欺だったかどうかは、
今となっては知る由もありませんがね。

対策として、第一に、むやみにクレジットカード情報を晒さないこと。
さらさないというのはあれですが、意味もないのに、
サイト上でクレジットカード番号を確認のために聞くということはありません。

だから、そんなことを訪ねてくるメールやサイトは疑ってかかることが大事です。
メールでクレジットカードの情報を入力するように言われた時には、
フィッシング詐欺の可能性は高いかもしれませんね。

そういうときは、
クレジットカード会社に連絡を取ったり、警察に届けると良いと思います。
http://card-professor.jp/entry-18/

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ