クレジットカードの5大国際ブランドについて

クレジットカードは、全世界で利用されているものですが、
その世界中で利用されているカードがあります。

いわば、クレジットカードの「国際ブランド」とでも言いましょうか。

ブランド力が強ければ、それだけ世界中で利用されている、
世界中で使えるということになりますからね。


世界でもっとも有名なブランドは、「VISA」だと思います。
世界的に見て、この「VISA」と「MASTER CARD」は2大国際ブランドいえるでしょうが、
発行部数はVISAの方が圧倒的に多いと言われています。

なんでも、VISAカードの発行部数は、
MASTER CARDの倍ぐらいあるといわれています。

加盟店は同じぐらいだそうなんですが。
日本の場合ですが、巷では、クレジット決済が出来るショップで、
VISAが使えない店はないと言われています。

それだけVISAカードが利用できる店が多いということであり、
VISAカードが使えない店(そんな店は聞いたことありませんが)は、
大きなチャンスロスをしているということなのでしょう。

これも、世界一の国際ブランドたるゆえんなのでしょう。

ちなみに、欧州ではMASTER CARDの方が強いといわれていますけどね。

他に、アメックスやダイナーズといったクレジットカードも国際ブランドといえます。
これらは、主に富裕層向けのカードになりますね。

これらのクレジットカードは、VISAやMASTERほど加盟店は多くないので、
そういった意味では使い勝手はそれほど優れているわけではありません。

が、そこは富裕層向け、
顧客満足度が高いサービスを重視しているといわれています。

そして、日本のJCBも、国際ブランドいえるでしょう。

世界中で利用でき、日本では、加盟店が一番多いクレジットカードになります。
日本ではこのJCBも、VISAと同じようにクレジット決済の出来る店で使えない店はないと言われています。

まあ、日本のカードですから、当たり前ですよね。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ