クレジットカードでチップの支払いを

現金を持ち歩くことなくショッピングが可能なので、
クレジットカードは本当に多くの人達に利用されていますよね。

大変便利であることは間違いのないところです。

もちろん、日本国内に限った話ではなく、
世界各国で利用出来るクレジットカード、
日本人が海外旅行也海外出張へ行く際も重宝されています。


旅行先で資金が足りなくなっても、
クレジットカードで現金を引き出すことが可能ですし、
ホテルのチェックインをする際もクレジットカードが身分証明書と同様の役割を
果たすことになりますし、
当然ながら、レストランで食事をした際にもクレジットカードを利用することはできます。

ところで、日本ではそうでもありませんが、
海外では、チップを支払う文化があることはご存知ですよね。

ホテルのメイドもそうですし、レストランの給仕係にだってチップを支払う文化が浸透しています。
彼らは、それが収入になっていますからね。

先ほど、レストランでもクレジットカードで支払いが出来ると言いましたが、
「もしや、クレジットカードだったらチップが払えないのでは?」
と思いになりませんでしたか?

通常チップは飲食代の10~15%程度支払うことが一般的になっているそうですが、
よくよく考えてみると、このチップって結構面倒だとは思いませんか?

だって、チップ代を払うためにそれ用の小銭を用意しなくてはなりません。
チップ用の財布を持ち歩いている人もそれなりに見かます。

でも、クレジットカードならそんな煩わしさも無用です。
チップもクレジットカードで支払ってしまいましょう。

レストランでクレジットカードを利用して支払う際に
ウエイターが小計欄と合計金額欄を空欄にしてある場合が間々あります。

この際はチップを請求している意味なんです。

そういう時は、あなたが適切なチップ額を小計欄に記入し、
その金額を合わせた合計金額を記載してみましょう。
それで、チップの支払いはOKです。

今や、チップもクレジットカードで支払える時代なんですね。
こういう時こそ、積極的にクレジットカードを利用して、
使い果たしましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ