クレジットカードと利息制限法

クレジットカードでもローンカードでも同じことですが、
融資会社から借金をするには覚えておかなければならない法律がいくつかあります。

そのひとつが、利息制限法です。
利息制限法は、民法における消費貸借契約のうち、
利息付金銭消費貸借契約の場合の利息について定められている法律です。

利息付金銭消費貸借契約というのは、
一般的な言葉で言えば「キャッシング」になります。


キャッシングをするということは、返済するときには利息をつけて返済しますので、
利息付金銭消費貸借契約、となるわけですね。

さてその利息制限法ですが、
第1条には、その金銭消費貸借契約の利息について、
以下の利率を越える利息は無効になると定めています。

  • 10万円未満の貸付の場合は、20%
  • 10万円以上100万円未満の貸付の場合は、18%
  • 100万円以上の貸付の場合は、15%

以上のように規定しています。

ひとつ例を挙げて見ます。

50万円の貸付を受けた場合、利息制限法によれば、
利息は年率18%です。

年間9万円ですかね。

で、この18%を超える、
超過分の利息は無効利息ですよとしているわけです。

仮に、50万円貸し付けた場合の利率が20%で利息付金銭消費貸借契約を締結した場合、
差額の2%分は無効ですよ、となるのです。

ちょっと前までは、この超過分の利息は返さなくてもよいとか、
違法利率なのに罰則規定がなかったりして、抜け道がある法律だったのですが、
数年前に法改正されて、このあたりもクリアになっていますけどね。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ