クレジットカード先進国のアメリカ

先日お話しした通り、クレジットカードはアメリカで誕生しました。

発祥の地ですから、
世界一のクレジットカード先進国と言っても差し支えないでしょう。

アメリカはもともと小切手での商品流通が盛んな国でした。
個人の買い物で小切手が昔から利用されていた国ですから、
「現金商売」という文化がそれほど大きくないということがクレジットカードが生まれた背景にあるのでしょう。

これは日本とは全く逆で、
もともと日本は現金商売の文化でしたからね。


ちなみに、(商売人は別として)日本の消費者にはあまり馴染みのない小切手は、
今でもアメリカでは決済手段として頻繁に利用されていたりします。
その進化・発展版がクレジットカード・デビットカードと言えるんでしょうね。

特にデビットカードは形態としては完全に小切手と同じで、
預金残高を信用して流通させることが出来ます。

日本の場合ですが、小切手は法律によって書式が決まっていますので煩わしいものがありますが、
デビットカードは使い方はクレジットカードと同じでサインで済みます。

デビットカードは小切手の電子決済版と言って差し支えないでしょう。

こういう文化というものは根強いもので、アメリカではある程度の高額紙幣、
例えば100ドル札で買い物をしようとすると不審がられたりしますし、ホテルなどでは現金決済の客を断ったりします。

さらに、コーヒーショップでコーヒー一杯注文するにしても、
クレジットカード決済する場合も決して珍しくありません。

アメリカでクレジットカード・デビットカードは、
それだけ生活に密着しているものですし、欠かせないものなのでしょう。

日本ではかなり浸透してきており、ある程度の高額商品ではクレジットカードを利用されたりしますが、
アメリカほどではありません。なくても生活は出来ますからね。

ましてや、デビットカードはまだ発行数も少数ですし、浸透もしていません。
これからどうなっていくのか注目です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ