キャッシングの多重債務について

消費活動を便利・活性化を促してくれるクレジット・カードローンですが、
債務の多重化にはくれぐれも気をつけましょう。

キャッシングとは、一般的には、
金融機関が個人に対して行う現金自動預払機による小口金融を指します。

銀行だけでなく、
消費者金融やクレジット会社などの金融機関が、
個人ないし法人に融資を行うことを総称してキャッシングと言います。


キャッシング利用の末に借金返済がおぼつかなくなり、
多重債務になってしまう人は増える傾向にあります。

1社からの借入では足りず、
複数社からお金を借りていて返済しきれないとなると多重債務です。

今ある借金を返すために他の金融機関からキャッシングを繰り返す状態です。

それによって雪ダルマ式に借金が増え続ける状態を、
多重債務と言うのです。

キャッシングを利用する人の中には、
交通事故や手術の必要な入院などで、
急に生活費や入院費が必要になる方もいます。

賭け事のためにキャッシングを利用したり、
手に入れたい商品を購入する資金として何となくでキャッシング融資を受けたという方
も少なくないようです。

何回かそれを繰り返すうち、
いつの間にか多重債務になっているというわけです。

今や500万人を越える多重債権者がいるという推計もあり、
キャッシングの多重債務問題の根の深さが伺えます。

キャッシングを利用した時点で多重債務者予備軍であると自覚して、
しっかりと自己管理をしていただきたいものです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ