クレジットとキャッシングの違いとは

クレジットカードの利用方法の代表的なものは、ショッピングになると思います。
何らかの商品を購入して、現金払いとせずに分割で代金を支払うという形になります。

これに近いものとしてキャッシングというものがあります。
いうまでもありませんが、現金を借りてそれを分割で返済していくものですね。

ご覧のように、商品の購入と現金の借入れということで目的は違いますが、
よく似ているものでもあります。

この似て非なるクレジットとキャッシング、ちょっと比べてみましょう。

クレジットは信用販売

クレジットとは、日本訳にすれば「信用」になります。
利用者の信用の元に成り立つビジネスモデルなのです。

図式はこうです。

クレジットカードが利用できるのは、そのカードブランド(クレジット会社)と提携加盟している小売店です。
クレジット会社は、利用者を信用の元にクレジット利用を許しているわけです。

で、その消費者がクレジット利用すると、利用した加盟店に代金を立て替えます。
でクレジット会社は、その立て替えた代金を、利用者から分割で支払ってもらうという図式です。

こうした様々なルールを取り決めているのが、「割賦販売法」という法律。
クレジット会社は、この割賦販売法の規制を受けて商売をしているわけです。

クレジットとキャッシングは違うルールの元に規制されている

さて、キャッシングですが、その形態の違いは別として、
その取り仕切るルールがクレジットと違います。

キャッシングは「貸金業法」という法律の規制の下に成り立っている商売です。
貸金業法は、割賦販売法よりも厳しい規制が敷かれているといえます。

典型的なのが、貸金業法は、総量規制の対象となりますが、割賦販売法はそうではありません。典型的であると同時に、最大の違いといえるでしょう。

日本の法律では、お金を借りることと、その人の信用をもとに買い物をすることはきっちり区別されているのですね。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ